言語文化研究所2023年度総会記念講演会開催(3/2)

2024年1月17日

下記のとおり、言語文化研究所2023年度総会記念講演会をハイブリッド形式にて開催いたします。

<日  時> 2024年3月2日(土)16:15~18:00

<開催方法> ハイブリッド開催
       (慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール・Zoom Meeting)

<講  師> 松田 隆美 君(慶應義塾大学名誉教授)

<演  題> 西洋中世俗語ナラティヴと予定説 (praedestinatio)

 ラテン語が学問や宗教の共通語として機能していた中世において、俗語(英語やフランス語などの現地語)で「本格的な」著述や翻訳を試みることはひとつの冒険でした。その一方で、信徒の霊的指導に直接携わる教区司祭、修道士や修道女、さらには社会の大半を占める一般のキリスト教徒にむかって、キリスト教の基本的教義や道徳を彼らが理解する俗語で教えることは重要な課題であり続けました。中世後期のイングランドでは、そのための説教・教化文学が英語やフランス語で盛んに制作され、時にはかなり難解な神学的論題も取り扱われています。
 そのような論題の一例として予定説を取り上げます。予定説とは、運命は最初から決まっているという単純な意味ではなく、人間には未来のことはわかりませんが、時空をこえて全てのことを同時的に見知っている神の視点からは、過去も未来も全て同じく定められているとする考えで、予備知識が乏しい一般信徒に誤解なく教えるにはなかなか難しい教義でした。恋愛や試練の物語(ナラティヴ)なかでこの論題を主題化しようとした中世の物語作家たちの、独創的な試みを分析してみたいと思います。

*参加費:無料

*申 込:事前申込制
  参加を希望される方は、こちらよりお申込ください 
  オンライン参加をご希望の方には、事務局より別途オンライン開催情報をお送りします

 ※チラシのダウンロードはこちら

*************************** <<<個人情報の取り扱いについて>>> ***************************
1.ご提供いただいた個人情報は、学校法人慶應義塾の「個人情報保護基本方針」および 
  「個人情報保護規程」に基づき、外部流出等がないよう安全且つ厳密に管理いたします。
2.個人情報は、言語文化研究所から今回のイベント開催案内にのみに使用します。
  当該目的以外には使用いたしません。
3.個人情報は、第三者に開示・提供・預託することはありません。
4.個人情報の訂正・削除については、言語文化研究所までご相談ください。
******************************************************************************************************