言語文化研究所共催イベント「2024年春季ドイツ文法理論研究会研究発表会」

下記イベントを開催いたします。

「2024年春季ドイツ文法理論研究会研究発表会」(共催:慶應義塾大学言語文化研究所)

日時:2024年6月9日(日)13時10分~16時00分
会場:慶應義塾大学日吉キャンパス 独立館D308

【プログラム】
13:10 - 13:30 総会
13:30 - 15:00 講演(日本手話-日本語通訳あり)
講演:松岡 和美 氏(慶應義塾大学経済学部教授)
表題:並べるよりも重ねる:手話言語の特性と日本手話の完了アスペクト 
要旨:
手話言語とは「目で見る生活様式に基づく文化(ろう文化)」を備えたコミュニティで用いられる視覚言語を指す。これまでの手話研究により、ジェスチャーのような図像性の高い表現が手話言語に取り込まれて抽象的な文法特性を備えるに至った事例が多く見いだされてきた。身体部位を用いた表現は言語音よりも産出に長い時間を要するが、視覚は聴覚よりも多くの情報を同時に認識することができる。その結果、手話言語では意味を持つ要素を連結するだけでなく、語彙表現の一部として組み込んだり、異なる身体部位や空間で示された情報を「層」のように重ね合わせたりする表現形式が発達した。本講演では、視覚言語の特徴を示す現象の一例として、日本手話の完了アスペクトをとりあげる。手話言語の多くには時制を示す文法表現がないとされるが、非手指表現の完了相を表す口型の生起条件には、時制や語彙タイプと連動したパターンが見られる。この観察は、音声言語・手話言語に関わらず、時制を持たない言語に共通するアスペクト表現の類型の考察に資するものと考えられる。

(休憩)

15:20 - 16:00 研究発表
研究発表:河野 巧一 (東京大学大学院) 
表題:再帰代名詞の再構築効果 ~ドイツ語 • 英語の比較から~


主催:ドイツ文法理論研究会
共催:慶應義塾大学言語文化研究所

2024/04/26(金)

言語文化研究所共催イベント「Christine Lamarre Inalco-CRLAO 名誉教授講演会」

下記イベントを開催いたします。

Christine Lamarre フランス国立東洋言語文化学院 (Institut National des Langues et Civilisations Orientales)/ 東アジア言語学研究センター (Centre de Recherches Linguistiques sur l'Asie Orientale) 名誉教授 言語学講演会

演題:Associated motion as a descriptive and comparative concept applied to Sinitic languages
使用言語:英語(質疑応答は日本語または英語)
日時:2024年6月28日(金)午後3時〜5時頃
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 2階 中会議室
定員:40名(先着順、定員になり次第締め切ります。)
 参加を希望される方は、こちら よりお申込ください

※詳細については、下記をご参照ください。
 ポスター → こちら
 講演要旨 → こちら

主催:慶應義塾大学商学部 河内一博
共催:慶應義塾大学言語文化研究所

*************************** <<<個人情報の取り扱いについて>>> ***************************
1.ご提供いただいた個人情報は、学校法人慶應義塾の「個人情報保護基本方針」および 
  「個人情報保護規程」に基づき、外部流出等がないよう安全且つ厳密に管理いたします。
2.個人情報は、言語文化研究所から今回のイベント開催案内にのみに使用します。
  当該目的以外には使用いたしません。
3.個人情報は、第三者に開示・提供・預託することはありません。
4.個人情報の訂正・削除については、言語文化研究所までご相談ください。
************************************************************************************************

2024/04/22(月)

専任所員受賞報告

専任所員 川原繁人君(言語文化研究所教授)が
「日本音声学会 2022年度学術研究奨励賞」を受賞いたしました。

日本音声学会賞  http://www.psj.gr.jp/jpn/psj_awards

2023/09/26(火)

漢喃資料研究会のページを公開しました

言語文化研究所共同研究プロジェクト「漢喃(ハンノム)資料研究会」の研究成果の一端を
研究会ページにて公開いたしました。


 漢喃資料研究会のページはこちら



*その他の研究活動については以下をご覧ください。
 研究活動

2023/06/15(木)

言語文化研究所新刊

◆言語文化研究所共同研究プロジェクトの成果報告として下記の単行本が刊行されました。
 
  『東南アジア大陸部諸言語の事象キャンセル』
   東南アジア諸言語研究会 加藤昌彦 編 
  (慶應義塾大学言語文化研究所、2023年3月)


◆2022年度の紀要が刊行されました。

   『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』54号
   (2023年3月)


*その他出版物については以下をご覧ください。
 出版物案内ページ

2023/04/14(金)

2023 Theoretical Linguistics at Keio-EMU 動画公開のお知らせ

Theoretical Linguistics at Keio (TaLK)の催しとして下記のとおり連続講義(Zoom)を開催いたしました。
  
2023 Theoretical Linguistics at Keio-EMU Linguistics as Scientific Inquiry Lecture Series #3

Working Toward the Strong Interpretation of SMT

Noam Chomsky (University of Arizona)
T. Daniel Seely (Eastern Michigan University)
Hisatsugu Kitahara (Keio University)

⇒ポスターはこちら
⇒動画公開ページはこちら
⇒関連論文はこちら

*下記の動画も現在公開中です

Linguistics as Scientific Inquiry Lecture Series #1 斎藤衛氏(南山大学教授)【動画公開】
Linguistics as Scientific Inquiry Lecture Series #2 福井直樹 氏(上智大学教授)【動画公開】

----------------------
April 6, 2023

The following lecture series was held as Theoretical Linguistics at Keio (TaLK) via Zoom:

2023 Theoretical Linguistics at Keio-EMU Linguistics as Scientific Inquiry Lecture Series #3

Working Toward the Strong Interpretation of SMT

Noam Chomsky (University of Arizona)
T. Daniel Seely (Eastern Michigan University)
Hisatsugu Kitahara (Keio University)

For poster, click here
For video link, click here
For Chomsky's paper "Miracle Creed and SMT" (to appear in Matteo Greco & Davide Mocci, eds.), click here

*The following two previous lecture series are also available (but given in Japanese):
Linguistics as Scientific Inquiry Lecture Series #1 Mamoru Saito (Nanzan University)
Linguistics as Scientific Inquiry Lecture Series #2 Naoki Fukui (Sophia University)

2023/04/06(木)

『IPAカード』重版のお知らせ

好評により完売した言語文化研究所共同研究プロジェクト成果報告の『IPAカード』は、
このたび増刷になり販売を再開しております。
 
   川原繁人、桃生朋子、平田佐智子 著 
   『IPAカード:楽しく学ぶ国際音声記号』  付録:IPAカードセット
   (慶應義塾大学言語文化研究所 2020年9月初版、2022年2月第2刷)

001.jpg











◆『IPAカード』のご購入について◆

【販売価格】   1,500 円  ※学割価格あり
 ・購入者本人が学部生の場合のみ、学割価格として一人一点まで500円にて販売します。
 ・大学院生は、学割価格の適用はございませんのでご了承ください。
 ・授業教材としての購入であっても、教職員の方による購入の場合は定価となりますので
  ご了承ください。


【ご購入方法】  

 ≪郵送での販売≫
  発送、お届けまでに時間を要しますことをご了解ください。
 *郵送でのご注文方法*
  ・下記内容を明記の上、メールまたはファクスにてご注文ください。
    ------------------------------------------------------------------
    お名前:
    ご所属(学割利用の場合は学校名):
    職位・肩書き(学割利用の場合は学部と学年):
    数量:
    送付先住所:〒
    お電話番号:
    ------------------------------------------------------------------
  ・学割価格で複数個注文の場合は、個数分の情報(お名前・学校名・学部学年)を
   必ず入力してください。
  ・メール件名は「IPAカード注文」とし、上記項目をメール本文にコピーし
   必要事項を入力の上、下記まで送信ください。
    郵送販売のご注文メールは→こちら 
  ・ファクスの場合  FAX 03 5427 1594 まで送信ください。
  ・注文受付確認のメール返信はいたしません。
   二週間経っても商品が届かない場合は、再度ご連絡ください。

 *送料について*
  ・送料は購入者負担(5個まではレターパックプラス520円で対応)になります。
   それ以上の個数を購入希望の場合は、発送方法・送料が異なりますので、
   別途お問い合わせください。
 
 *お支払い方法*
  ・郵送の場合は、銀行振込となります。
  ・お支払いは商品に同封する請求書に記載されている金融機関へ
   到着後2週間以内にお振込み下さい。
  ・お振込みにかかる手数料は、恐れ入りますがご負担願います。
  ・領収書は発行できませんので、振込明細書にてご確認ください。


 ≪窓口での販売≫
 ・直接研究所(南別館6階)におこしください。
 ・三田キャンパスマップ「18」が南別館です。
  https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
 ・窓口対応時間: 平日10:30〜15:30 (昼休み11:30〜12:30を除く)
 ・現金でのお支払いのみとなります。お釣りの出ないようご準備ください
  (各種クレジットカード、電子マネー、図書カードはご利用いただけません。)
 ・領収書は、お支払い後、即日お渡しいたします。
 ・学割利用には、数量分の学生証の提示が必要です。



*その他出版物については以下をご覧ください。
 出版物案内ページ

2022/02/09(水)

慶應言語学コロキアムの開催通知メール登録方法

慶應言語学コロキアムの開催通知については、メールでのご案内をしております。
メール配信を希望される方は、以下の登録方法をご覧ください。


*登録方法*
下記の専用メールアドレス宛に必要事項を明記の上、送信ください。

慶應言語学コロキアム専用メールアドレス:keio_ling_colloquium●info.keio.ac.jp (●を@に変えてお送りください)

(必要事項)
件名:慶應言語学コロキアムメール配信希望 ※必ずこの件名でお送りください
本文:
1)お名前
2)御所属
3)登録を希望するメールアドレス
   (携帯電話のメールアドレスは、メール配信のできない場合がありますので、登録はご遠慮ください。)


※メールを送信いただくと、登録完了のメールが届きます。1週間以上経っても届かない場合は、慶應義塾大学言語文化研究所までお問い合わせください。

*************************** <<<個人情報の取り扱いについて>>> ***************************
1.ご提供いただいた個人情報は、学校法人慶應義塾の「個人情報保護基本方針」および 
  「個人情報保護規程」に基づき、外部流出等がないよう安全且つ厳密に管理いたします。
2.個人情報は、言語文化研究所からご案内する慶應言語学コロキアム等、言語学関係の
  イベント開催案内にのみに使用します。当該目的以外には使用いたしません。
3.個人情報は、第三者に開示・提供・預託することはありません。
4.個人情報の訂正・削除については、言語文化研究所までご相談ください。

***************************************************************************************************

2018/06/07(木)