慶應言語学コロキアム

言語学コロキアムの開催(2016年9月10 日・11 日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたします。


演題:ヒトは自らの問いにどこまで答えることができるのか
    『チョムスキー 言語の科学:ことば・心・人間本性』をめぐって

講師:成田広樹氏(東海大学講師)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館大会議室(北館3階)

日時:2016 年9 月10 日(土)・11 日(日)13:00-18:30


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

2016/05/12(木)

言語学コロキアムの開催(2016年8月18日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたします。


演題:Bimodal Bilingualism and the Grammar Architecture

講師:Prof. Diane C. Lillo-Martin (University of Connecticut)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール

日時:2016年8月18日(木)15:00-18:00


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)
*使用言語:英語(手話通訳付き)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

2016/05/12(木)

言語学コロキアムの開催(2016年7月23日・24日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたします。


演題:【生成文法の哲学的意義3】経験主義的ドグマを乗り越えて

講師:阿部 潤 氏(元東北学院大学文学部教授)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館大会議室(北館3階)

日時:2016年7月23日(土)・24日(日) 各回13:00-18:30


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

2016/05/11(水)

言語学コロキアムの開催(2016年7月9日・10日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたします。


演題:ドイツ語学と生成統語論

講師:稲葉 治朗 氏(東京大学総合文化研究科准教授)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館大会議室(北館3階)

日時:2016年7月9日(土)・10日(日) 各回13:00-18:30

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*使用言語:日本語

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

2016/05/11(水)

言語学コロキアムの開催(2016年6月10日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたします。


演題:IS AGREE LABELING?

講師:Prof. T. Daniel Seely(Eastern Michigan University)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 東館ホール(東館8階)

日時:2016年6月10日(金)15:00-18:00


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*使用言語:英語(セミナー形式)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

2016/05/10(火)

言語学コロキアムの開催(2016年3月27日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:Head Movement in an Agglutinative SOV Language

講師:林 晋太郎氏(三重大学特任講師)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階大会議室

日時:2016年3月27日(日)13:00-18:30


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*使用言語:日本語

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1040260.JPG P1040281.JPG

2016/03/28(月)

言語学コロキアムの開催(2016年3月26日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:Be careful where ergative looks default: A phase-based account of (split) ergativity in Mayan and beyond

講師:今西 祐介氏(関西学院大学総合政策学部助教)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階大会議室

日時:2016年3月26日(土)13:00-18:30


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*使用言語:日本語

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

P1040244.JPG P1040249.JPGのサムネイル画像

2016/03/28(月)

言語学コロキアムの開催(2016年3月19日・20日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:【生成文法の哲学的意義2】
    言語使用の創造性と私的・公的言語:デカルト派言語学とウィットゲンシュタインのパラドックス

講師:阿部 潤氏(元東北学院大学文学部教授)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階大会議室

日時:2016年3月19日(土)・20日(日) 各回13:00-18:30

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

P1040194.JPG P1040230.JPG

2016/03/22(火)

言語学コロキアムの開催(2016年2月28日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:ヒトのことばは、「どのようにして」「いつ」起源したのか?
    ミニマリスト・プログラムに拠る進化生成言語学のアプローチ

講師:池内正幸氏(津田塾大学学芸学部教授)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階大会議室

日時:2016年2月28日(日)14:00-18:30

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

P1040171.JPG P1040130.JPG

2016/02/29(月)

言語学コロキアムの開催(2016年1月30日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:The Interface between Syntax and Phonology, and The Theory of Grammar

講師:細野まゆみ氏(東海大学外国語教育センター非常勤講師)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 東館ホール

日時:2016年1月30日(土)13:00-18:30

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1040115.JPG  P1040103.JPG

2016/02/01(月)

言語学コロキアムの開催(2016年1月24日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:極小主義プログラムにおける随意性

講師:北田 伸一氏(東京理科大理学部講師)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟A会議室

日時:2016年1月24日(日)13:00-18:30

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

P1040088.JPG

2016/01/26(火)

言語学コロキアムの開催(2016年1月23日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:Ellipsis of arguments: Its acquisition and theoretical implications

講師:大滝 宏一氏(金沢学院大学文学部講師)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟A会議室

日時:2016年1月23日(土)13:00-18:30

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1040075.JPG

2016/01/26(火)

言語学コロキアムの開催(2016年1月7日~11日)

下記のとおり言語学コロキアム The Minimalist Program刊行20周年記念企画 を開催いたしました。

演題:The Minimalist Programから20年を経て見えてきた言語の仕組み

講師:豊島孝之氏(九州工業大学)
    越智正男氏(大阪大学)
    杉崎鉱司氏(三重大学)
    髙橋真彦氏(山形大学)
    剌田昌信氏(三重大学)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階大会議室

日時:2016年1月7日(木)~1月11日(月・祝)13:00-18:30

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

P1040029.JPG  P1040042.JPG

2016/01/13(水)

言語学コロキアムの開催(2015年12月21日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:Generative Approaches to Ergativity: Is There an Ergativity Parameter?

講師:Professor Yuko Otsuka (University of Hawai'i)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館大会議室

日時:2015年12月21日(月)15:00-18:30

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*使用言語 英語

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら

P1040006.JPG  P1040019.JPG

2015/12/22(火)

言語学コロキアムの開催(2015年12月12、13日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:【The Minimalist Program 刊行20周年記念企画】
    生成文法の哲学的意義
    New Horizons in the Study of Language and Mindを通して

講師:阿部 潤 氏(元東北学院大学文学部教授)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館大会議室

日時:2015年12月12日(土)、13日(日) 13:00-18:30

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*使用言語 日本語

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1030993.JPG   P1040003.JPG

2015/12/15(火)

言語学コロキアムの開催(2015年8月22日)


下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:The message shapes phonology: A unified account of strong and weak patterns

講師:Elizabeth Hume (University of Canterbury)

日時:8月22日(土)15:00-17:00

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階 大会議室 


*参加費無料・事前申込不要
*使用言語 英語
*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1030895.JPG  P1030890.JPG

2015/08/24(月)

言語学コロキアムの開催(2015年7月18日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:Minimalist Explorations of the Clausal Periphery

講師:Josef Bayer 氏 (University of Konstanz)

日時:7月18日(土)13:00-18:30

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)
*使用言語 英語
*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1030878.JPG  P1030881.JPG
 

2015/07/23(木)

言語学コロキアムの開催(2015年7月14日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:Baby steps in perceiving articulatory foundations of phonological contrasts: Developmental changes in infants'perception of cross-modal AV congruency for native and nonnative consonants

講師:Catherine Best 氏(University of Western Sydney)

日時:7月14日(火)16:00-17:30

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 東館8階 東館ホール

共催:慶應義塾大学赤ちゃんラボ

後援:福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)
*使用言語:英語
*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


※6月以前に配布・掲載しているチラシの年表示が間違っておりましたため、訂正しております。
 お詫び申し上げます。


P1030861.JPG  P1030870.JPG

2015/07/15(水)

言語学コロキアムの開催(2015年7月11日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:【Aspects of the Theory of Syntax 刊行50周年記念企画】 Aspectsの主張と世代を越えたその影響

講師:斎藤 衛氏(南山大学教授)、内堀 朝子氏(日本大学教授)、成田 広樹氏(日本大学助教)

日時:7月11日(土)13:00-18:30

会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館6階 G-SEC Lab


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)
*詳細についてはチラシをご参照ください。
 チラシのダウンロードはこちら

※成田先生の演題に変更がありました(2015.7.10 チラシ修正済)

P1030857.JPG  P1030855.JPG

2015/07/13(月)

言語学コロキアムの開催(2015年6月27日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。

演題:生成文法と言語進化

講師:藤田 耕司氏(京都大学教授)

日時:6月27日(土)13:00-18:30

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階 大会議室


*参加費無料・事前申込不要

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1030813.JPG  P1030815.JPG

2015/06/29(月)

言語学コロキアムの開催(2015年5月9日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:Explaining Linguistic Variation in Minimalism - A Third-Factor Underspecification Approach -

講師:小畑 美貴 氏(東京理科大学准教授)

日時:5月9日(土)13:00-18:30

会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館ホール(8階)

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)
 
*使用言語 日本語

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1030806.JPG  P1030810.JPG

2015/05/11(月)

言語学コロキアムの開催(2015年4月25日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。

演題:一般科学理論と生成文法研究

講師:大石 正幸氏(東北学院大学教授)

コメンテーター:北原 久嗣(慶應義塾大学教授)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館6階G-SEC Lab

日時:4月25日(土)13:00-18:30

テキストとして、 「一般科学理論と言語研究」 (遊佐典昭編 『言語と哲学・心理学』 の4章、中島平三監修・シリーズ朝倉 〈言語の可能性〉 9、朝倉出版2010年) を用いる予定です。参加希望の場合は、ひと通り見ておいてください。


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)
 
*使用言語 日本語

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1030799.JPG  P1030803.JPG

2015/04/27(月)

2015年度慶應言語学コロキアム 春学期開催予定について

言語文化研究所では2015年度も慶應言語学コロキアムを下記の日程で開催する予定です。


◆4月25日(土) 13:00~18:30
 会場: 三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab
 演題: 一般科学理論と生成文法研究
 講師: 大石 正幸氏(東北学院大学教授)

◆5月9日(土)  13:00~18:30
 会場: 三田キャンパス 東館8階 東館ホール
 演題: Explaining Linguistic Variation in Minimalism 
      - A Third-Factor Underspecification Approach -
 講師: 小畑 美貴氏(東京理科大学准教授)

◆6月27日(土) 13:00~18:30
 会場: 三田キャンパス 北館3階 大会議室
 演題: 生成文法と言語進化
 講師: 藤田 耕司氏(京都大学教授)

◆7月11日(土) 13:00~18:30
 会場: 三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab
 演題: 未定
 講師: 斎藤 衛氏(南山大学教授)内堀 朝子氏(日本大学准教授)成田 広樹氏(日本大学助教)

◆7月14日(火) 16:00~17:30
 会場: 三田キャンパス 東館8階 東館ホール
 演題: Developmental changes in infants' perception of cross-modal AV congruency for
      native and nonnative consonant
 講師: Best,Catherine氏(University of Western Sydney, The MARCS Institute)

◆7月18日(土) 13:00~18:30
 会場: 三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab
 演題: Minimalist Explorations of the Clausal Periphery
 講師: Josef Bayer氏(コンスタンツ大学教授)


詳細につきましては、決まり次第、当研究所ホームページにてご案内いたします。
みなさまのご参加をお待ちいたしております。

2015/03/26(木)

言語学コロキアムの開催(2015年3月14日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:On the Necessity of Labeling in Narrow Syntax- Exploring a Third Approach -

講師:後藤 亘 氏(東洋大学助教)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館ホール

日時:3月14日(土)13:00-18:30


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*使用言語 日本語

*詳細についてはチラシをご参照ください。
  チラシのダウンロードはこちら


P1030777.JPG  P1030785.JPG

2015/03/17(火)

言語学コロキアムの開催(2015年2月28日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。

演題:<柴田義行氏追悼企画>
    インターフェイスの視点から統語論を考える    

講師: 石井  透氏(明治大学教授)
    杉崎 鉱司氏(三重大学教授)
    瀧田 健介氏(三重大学特任講師)
    後藤  亘氏(東洋大学助教)
    大滝 宏一氏(金沢学院大学講師)
    髙橋 真彦氏(山形大学講師)
    髙橋 久子氏(三重大学特任講師)
    斎藤  衛氏(南山大学教授)

日時:2015年2月28日(土)13:00-17:30

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 東館G-SEC Lab

*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)

*詳細についてはチラシをご参照ください。
 チラシのダウンロードはこちら

P1030733.JPG  P1030744.JPG

2015/03/04(水)

言語学コロキアムの開催(2015年1月31日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:Head Movement and Headless XPs

講師:船越健志 氏(三重大学特任講師)

日時:2015年1月31日(土)13:00-18:30

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 東館ホール


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)
*使用言語 日本語


詳細についてはチラシをご参照ください。
チラシのダウンロードはこちら


P1030685.JPG  P1030692.JPG

2015/02/03(火)

言語学コロキアムの開催(11月29日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:ラベルを巡る諸問題

講師:剌田 昌信氏 (早稲田大学非常勤講師)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館ホール

日時:2014年11月29日(土) 13:00-18:30


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)
*使用言語 日本語

P1030675.JPG  P1030672.JPG

2014/12/02(火)

言語学コロキアムの開催(10月4日、5日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。

『膠着語の述語形成』

講師:中嶌 崇 氏 (富山県立大学准教授)
会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館G-SEC Lab
日時:2014年10月4日(土)・5日(日) 各回13:00-18:30

第1日目 2014年10月4日(土)
       第一部 使役態・第二部 動詞自他の交替
 
第2日目 2014年10月5日(日)
       第三部 受動態・第四部 形容詞語根と派生述語


*参加費無料・事前申込不要(直接会場にお越しください)
*使用言語 日本語

P1030636.JPG  P1030633.JPG

2014/10/07(火)

言語学コロキアムの開催(9月6日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


演題:On Recent Developments in Minimalist Inquiries

講師:野村 昌司 氏 (中京大学准教授),北原 久嗣 氏 (慶應義塾大学教授)

日時:2014年9月6日(土)13:00-18:30

会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館ホール


 *参加費無料・申込不要(直接会場にお越しください)
 *使用言語:日本語


P1030606.JPG  P1030599.JPG

2014/09/08(月)

言語学コロキアムの開催(7月20日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


 演題:ろう者と聴者が協働する手話言語学ワークショップ 『日本手話の否定表現』

 日時:2014年7月20日(日)14:00-17:00
 
 会場:慶應義塾大学三田キャンパス 大学院校舎313教室
 
 企画・運営:松岡 和美 氏 (慶應義塾大学教授)


 *参加費無料・定員50名(先着順・直接会場にお越しください)
 *手話通訳あり


July20_Photo1.pngのサムネイル画像  July20_Photo2.png1.png

2014/07/21(月)

言語学コロキアムの開催(7月1日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。


 演題『Exploring Japanese Accent in OTWorkplace』

 
 日時:2014年7月1日(火)16:00-19:00
 
 会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館大会議室(3F)
 
 講師:伊藤 順子 氏 &Armin Mester 氏(カリフォルニア大学サンタクルーズ校教授)


 *参加費無料 申込不要 直接会場にお越しください
 *使用言語:英語/質疑応答は日本語可
 


 今回はカルフォルニア大学サンタクルーズ校の伊藤順子先生とArmin Mester先生を
 お招きし、日本語のアクセントの分布の最適性理論による分析、およびラトガーズ大学の
 Alan Prince先生の開発したOTWorkplaceによる計算言語学的分析の議論がなされました。
 日本語のアクセント分布の分析を通し、最適性理論の枠組みでどのような言語の存在が
 予測されるかを綿密に計算するシステムの紹介で、外部からも多くの参加者が集まり
 活発な議論がなされました。




DSCF0403.jpegのサムネイル画像 ItoMesterLarge.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

2014/07/03(木)

言語学コロキアムの開催(6月14日、15日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。

 『機能範疇と日韓比較統語論』

 講師:青柳 宏 氏 (南山大学教授)
 会場:慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール
 参加費無料 申込不要 (使用言語:日本語)


  第1日目 日時:2014年6月14日(土)13:00-18:30
       演題:日本語の助詞と機能範疇について


  第2日目 日時:2014年6月15日(日)13:00-18:30
       演題:v−システムについて−−日韓語比較の観点から−−


2014/05/12(月)

言語学コロキアムの開催(12月18日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。

 日時:2013年12月18日(水)15:00~

 講師:Seunghun Lee(李勝勳)氏
    (Central Connecticut State University)

 演題:Task effects in producing L2 English stop-nasal clusters by L1 Korean Speakers

 会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館G-SEC Lab

 使用言語:英語(必要により日本語)

 *参加費無料・申込不要(直接会場にお越しください)

2013/10/19(土)

言語学コロキアムの開催(10月5、6日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。

講師:斎藤 衛 氏(南山大学人文学部教授)
演題:句構造の派生と解釈をめぐって
参加費:無料 
申込:不要 (直接会場にお越しください)

  2013年10月5日(土)
  会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館ホール(8階)
    11:00-12:30 チュートリアル・セッション1
               北原久嗣氏(慶應義塾大学言語文化研究所教授)
    14:00-18:30 裸句構造理論とカートグラフィー:選択制限と意味的整合性の役割
               斎藤衛氏(南山大学人文学部教授)

  2013年10月6日(日)
  会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館G-SEC Lab(6階)
    11:00-12:30 チュートリアル・セッション2
               成田広樹氏(早稲田大学高等研究所常勤助教)
    14:00-18:30 phi 素性一致パラメターの射程:日本語文法の特質に関する試論
               斎藤衛氏(南山大学人文学部教授)

 

2013/08/20(火)

言語学コロキアムの開催(6月1日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。

 日時:2013年6月1日(土)14:00−18:30(予定)
 会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館ホール(8階)
 演題:GB・Minimalismにおける格理論の変遷と今
 講師:野村昌司氏(中京大学准教授)
 

 *参加費無料・申込不要(直接会場にお越しください)

2013/04/26(金)

言語学コロキアムの開催(5月11日)

下記のとおり言語学コロキアムを開催いたしました。

 日時:2013年5月11日(土)14:00−17:30  
 会場:慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール
 演題:日本手話の現在(いま)
 講演1:ろう児にとって国語科は手話科
     −日本手話とバイリンガル・バイカルチュラル教育−
 講師:赤堀 仁美 氏(明晴学園幼稚部手話科主任)
 講演2:手話言語学の現在
     −空間が重なる言語−
 講師:松岡 和美 氏(慶應義塾大学経済学部教授)

 *参加費無料・申込不要(直接会場にお越しください
 *手話通訳あり


2013/04/11(木)

言語学コロキアムの開催

 下記の通り、言語学コロキアムを開催いたしました。
<日程>2013年3月16日(土)、3月23日(土) 
<時間>第1時限 14時~15時30分、
      第2時限 16時~17時30分
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab
<講師>梶田 優氏(上智大学名誉教授)
<演題>文法原論―言語の動態と静態
<参加費>無料
<申込> 不要 (直接会場にお越しください)
 
 
<日程>2013年4月1日(月)
<時間>14時~18時(予定)
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 東館8階ホール
<講師>アレキサンダー・グロス氏(テルアビブ大学名誉教授)

<演題>Japanese internally-headed relatives and English externally-headed degree relatives: shared and non-shared features

<使用言語>英語

<参加費>無料
<申込> 不要 (直接会場にお越しください)

2013/04/03(水)

言語学コロキアムの開催

 下記のとおり、言語学コロキアムを開催いたしました。


<日時> 2013年2月27日(水)15:30~18:00(予定)
<講師> 川原繁人氏(Rutgers University)
<演題> Developments in laboratory phonology: The case of Japanese loanword devoicing
<会場> 慶應義塾大学三田キャンパス北館大会議室(3階)
<使用言語>日本語(必要に応じて英語)
参加費:無料
申込:不要 (直接会場にお越しください)

2013/03/01(金)

言語学コロキアムの開催

下記の通り、言語学コロキアムを開催しました。 

<日時>2012 年12 月15 日(土)13:30~18:30
<講師>佐藤陽介氏(シンガポール国立大学准教授)
<演題>Prospects for Invasive Interface Syntax: Evidence from Indonesian

2012/12/15(土)

2012年6月30日(土)13時30分~18時30分

6月30日(土)13時30分~18時30分(予定)

<講師>高橋真彦氏(メリーランド大学ポストドクトラルフェロー)
<演題> 派生の位相と格の認可
<会場> 慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab

2012/10/12(金)

2012年5月12日(土)13時~18時

5月12日(土)13時~18時

<講師>遊佐 典昭氏(宮城学院女子大学)
<演題> 第二言語獲得研究の新たな展開
<会場> 慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab

2012/05/12(土)

2012年3月2日(金)13:00~17:00

3月2日(金)13:00~17:00

<講師>
講演Ⅰ:鈴木猛氏(東京学芸大学教授)
講演Ⅱ:平川眞規子氏(文教大学教授)
<演題>
  講演Ⅰ:No Goal,No Result
  講演Ⅱ:日英語の述部構造と第二言語獲得
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab

2012/03/02(金)

2012年2月28日(火)講演Ⅰ 13:30~、講演Ⅱ 16:30~(開場15分前)

2月28日(火)講演Ⅰ 13:30~、講演Ⅱ 16:30~(開場15分前)

<講師>内堀朝子氏(日本大学 准教授)
<演題>日本語における格の分析
講演Ⅰ 先行研究の再検討
講演Ⅱ 述語や補分標識の形態と格標示
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab

2012/02/28(火)

2011年6月4日(土)14時より(開場15分前)

2011年6月4日(土)14時より(開場15分前)

<講師>外池 滋生氏(青山学院大学 教授)
<演題> A Proposed Excorporation Analysis of Head Movement and the Organization of Grammar
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab

2011/06/04(土)

2011年1月29日(土)

2011年1月29日(土)

<講師>斎藤 衛氏(南山大学教授)
<演題>日本語における格認可について
講演Ⅰ 一致に付随する現象か、それとも併合の副産物か
講演Ⅱ 主要部移動による分析の示唆とLCAの再考

2011/01/29(土)

2011年1月28日(金)講演Ⅰ 10:30~、講演Ⅱ 14:00~(開場15分前)

2011年1月28日(金)講演Ⅰ 10:30~、講演Ⅱ 14:00~(開場15分前)

<講師>斎藤 衛氏(南山大学教授)
<演題>スクランブリングと左方周縁部
講演Ⅰ 素性の移動と解釈に基づくスクランブリングの分析
講演Ⅱ 補文標識の分布と日本語左方周縁部

2011/01/28(金)

2010年9月18日(土)14時より(開場15分前)

2010年9月18日(土)14時より(開場15分前)

<講師>池内 正幸氏(津田塾大学 教授)

<演題>「現代進化言語学の最近のトピックス」

今回は池内さんに進化言語学の現状とそれに対する評価を語っていただきます。 長丁場になると思います。短くても18時ごろまではかかるのではないでしょう か。もちろん、途中で退出されてもかまいませんが、せっかくの機会ですので、 できるだけ、最後までご参加ください。 池内さんが最近書いた『ひとのことばの起源と進化』(開拓社)を一読の上、話 をお聞きなると大いに理解が深まると思います。

2010/09/18(土)

2010年4月27日(火)14時より(開場15分前)

2010年4月27日(火)14時より(開場15分前)
<講師>柴谷 方良氏(ライス大学 教授)
<演題>「理論研究と習得研究をつなぐもの
      ―準体助詞「の」と誤用「赤いのくつ」をめぐって―」
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 南館地下4階 2B42教室

2010/04/27(火)

2010年3月26日(金)16時より

2010年3月26日(金)16時より
<講師>西山 國雄氏(茨城大学 准教授)
<演題>「連体形の形態統語構造と歴史的変遷」
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 東館(G-SEC)6階Lab

2010/03/26(金)

2010年3月1日(月)15時より

2010年3月1日(月)15時より
<講師>中尾 千鶴氏(立教女学院短期大学 非常勤講師)
<演題>「Island (Non-)Repair Phenomena in English and Japanese」
(使用言語:日本語)
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 南館地下2階 2B21教室

2010/03/01(月)

2010年1月15日(金)14:00~

2010年1月15日(金)14:00~
<講師>成田広樹氏(ハーバード大学大学院言語学科 フルブライトフェロー)
<演題>「Full Interpretation of Minimal Syntax」(使用言語:日本語)

2010/01/15(金)

2009年11月27日(金)15:30~

2009年11月27日(金)15:30~
<講師>:
Friederike Moltmann (CNRS/Institut d'Histoire et de Philosophie des Sciences et des Techniques)
Alexandra Arapinis (Institut d'Histoire et de Philosophie des Sciences et des Techniques) 
<演題>:
Intentional Objects as Abstractions from Referential Acts
Ontologico-semantic analysis of event and metonymic coercion

2009/11/27(金)

2009年11月17日(火)16時30分より

2009年11月17日(火)16時30分より
<講師>小畑美貴氏(ミシガン大学大学院言語学科 ラッカム・プリドクトラル・フェロー)
<演題>「Explaining (Proper) Improper Movement: Feature-Splitting Internal Merge」
(使用言語:日本語)
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 南館(地下4階)2B42教室

2009/11/17(火)

2009年6月17日(水)16時30分より

2009年6月17日(水)16時30分より
<講師>傍士 元氏(University of Southern California)
<演題>「A Foundation of Generative Grammar as an Empirical Science」
(使用言語:日本語)
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 東館(6階)G-SEC Lab

2009/06/17(水)

2009年3月6日(金)10時~18時(2時間の講義を3コマ予定)

2009年3月6日(金)10時~18時(2時間の講義を3コマ予定) 
<講師>柳瀬 陽介氏(広島大学)
<テーマ>言語コミュニケーション力論の展開(仮)
<内容> (a) 言語学・応用言語学で発展してきた言語コミュニケーション力論
を概括し、 その上で、 (b) 相互作用の過程の説明を拡充した言語コミュニケーション力の三次元的理解 
を説明し、さらに、 (c) 相互作用よりも広い概念である社会的な意味での言語コミュニケーション力 を考察する試み
を紹介します。
<会場>慶應義塾大学三田キャンパス 南館(地下4階)ディスタンスラーニング室

2009/03/06(金)

2008年10月17日(金)・18日(土)

2008年10月17日(金)・18日(土)
<テーマ> 言語の起源と進化―研究の基礎から最近の動向まで
<講師> 池内 正幸氏 (津田塾大学教授)
<概要>  生成文法研究および関連諸分野における研究の著しい進展・展開を背景に、言語の起源と進化の問題について、興味深い観察、アプローチ、そして、仮説が相次いで提示・提案されている。今回のコロキアムではこの問題をテーマに、池内正幸教授に、ご自身の研究成果を盛り込みながら、この分野の研究のための基礎、研究の現状・動向および今後の課題について語っていただく。
<会場> 慶應義塾大学三田キャンパス(JR田町駅、都営地下鉄線三田駅・赤羽橋駅下車 徒歩8分)
10月17日(金)/西校舎(1階) 516番教室 10月18日(土)/大学院校舎(1階) 311番教室

2008/10/17(金)

2008年7月25日(金) 16:00~18:00

2008年7月25日(金) 16:00~18:00
<講師>   加藤 孝臣氏(日本学術振興会特別研究員)
<演題>   The Nature of the CSC and Its Implications
<会場>   大学院校舎一階314教室

※申込不要・参加費無料

2008/07/25(金)

2008年7月11日(金)15:00~17:00

2008年7月11日(金)15:00~17:00
<講師> Dr. Bernard Comrie ( University of California Santa Barbara教授 )
<演題> The Typology of Ditransitive Constructions 
<会場>  大学院校舎一階313教室

2008/07/11(金)

2008年3月25日(火)  講演Ⅰ 11:00~13:00、 講演Ⅱ 14:00~16:00

2008年3月25日(火)  講演Ⅰ 11:00~13:00、 講演Ⅱ 14:00~16:00
<講師>  高橋大厚君(東北大学)
<演題>  
講演ⅠArgument Ellipsis 1: Its (Alleged) Correlation with Scrambling
講演ⅡArgument Ellipsis 2: Its Interaction with Phase Theory
<会場>   大学院校舎323番教室

2008/03/25(火)

2007年7月28日(土) 10:30~17:00

2007年7月28日(土) 10:30~17:00 於:北館4階会議室
<講師>  Howard Lasnik (メリーランド大学教授)
<演題>  
Ⅰ:The First Half Century of Generative Grammar: Some Recurrent Themes
Ⅱ:A Minimalist Perspective on Some Classic Syntactic Problems

2007/07/28(土)

2007年7月14日(土)10:30~17:00

2007年7月14日(土)10:30~17:00 於:北館4階会議室
< 講演1>:Parasitic Gap に関するtutorial (ChomskyのBarriersから)
<担当者>阿部 潤(東北学院大学准教授)
<講演2>:Parasitic Gap に関する研究(1)(Hornstein/Nunesのアプローチ)
<担当者> 木口 寛久(宮城学院女子大学准教授) <コメント> 北原 久嗣(言語文化研究所准教授) 
<講演3>:Parasitic Gapに関する研究(2)(最近の研究の比較を通して)
<担当者> 黒木 隆善(九州大学大学院博士後期課程在籍) <コメント> 小町 将之(三重大学共通教育センター特任講師)

2007/07/14(土)

2007年3月29日(木)、30日(金)、31日(土)10:30~、14:00~

2007年3月29日(木)、30日(金)、31日(土)10:30~、14:00~ 
 於:大学院校舎1階・314番教室
3月30日(金)10:30~、14:00~ 於:北館ホール
3月31日(土)10:30~、14:00~ 於:北館ホール
<講師> Roger Andrew Martin氏(横浜国立大学助教授)
<演題>「Current Issues in Minimalist Syntax」

2007/03/29(木)

2007年1月12日(金)10:30~、14:00~

2007年1月12日(金)<Lecture 1>10:30~、<Lecture 2>14:00~
<講師> 宮川 繁氏(マサチューセッツ工科大学教授)
<演題> 
Lecture 1: Why Minimalism?
Lecture 2: Why Agree? Why Move?
<会場> 北館ホール

2007/01/12(金)

2006年10月3日(火) 18:00~20:30

2006年10月3日(火) 18:00~20:30
講師:Gunther Grewendorf 氏(フランクフルト大学)
演題:Fronting remnant categories(使用言語:英語)
会場:東館6階 G-SEC Lab
<共催>東京大学COE『心とことば-進化認知科学的展開、ドイツ語の構文認知プロジェクト』

2006/10/03(火)

2006年7月24日(月) 13:30~18:00

2006年7月24日(月) 13:30~18:00
〈講師〉:高橋将一氏(日本学術振興会特別研究員)
〈演題〉:
   講演1:Dimensions of (Late) Merge
   講演2:Scope Shift: Its Mechanism and Constraints
〈会場〉:東館6階 G-SEC Lab

2006/07/24(月)

2006年1月20日

2006年1月20日
〈講師〉:野村 昌司氏(中京大学専任講師)
〈演題〉 Nominative Case とT
1)序論1:Icelandicのdative-nominative constructionsについて
2)序論2:日本語のPotential constructionsについて
3)AGREEについて:Sequential AGREEの提案
4)Nominative Caseのnon-finite Tによる認可:Icelandicからの提案
5)Nominative CaseのTのみによる認可:日本語からの考察
〈場所〉:慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-sec lab

2006/01/20(金)

2005年11月25日(金)13:00~19:00

2005年11月25日(金)13:00~19:00
<講師>斎藤 衛(南山大学教授)
<演題>スクランブリングの派生的分析
(1) 序論:日本語スクランブリングの特性
(2) スクランブリングと照応形の認可
(3) スクランブリングと計量詞の作用域
(4)「EPP現象」の再解釈
<場所>慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-sec lab

2005/11/25(金)

2005年9月17日(土) 10:30~12:30

2005年9月17日(土) 10:30~12:30
<講師>
Hubert Haider(Fachbereich Linguistik, Universitat Salzburg)
<演題> 
What it means to be OV
<場所>
三田キャンパス 大学院棟校舎313番教室

2005/09/17(土)

2005年3月14日(月)

2005年3月14日(月)
<講師>
1. Tanmoy Bhattacharya (University of Delhi) 
2. Ayasha Kidwai (Jawaharlal Nehru University) 
<演題>
1."The Areal Linguistics Myth: A View from the Interface" 
2."'Adjunct' Arguments: Pair Merge in Hindi and Malayalam"

2005/03/14(月)

2004年11月15日(月)

2004年11月15日(月)
<講師>Jamal Ouhalla(University College Dulbin)(*使用言語:英語)
<演題>Grammticalization and the Distinction between Lexical and Functional Categories

2004/11/15(月)

2004年8月5日(木)

2004年8月5日(木)
<講師> 1. Kathy Hirsh-Pasek (Temple University) 2. Roberta Golinkoff  (University of Delaware) 
<演題> 1. The paradox of early verb learning 2. Breaking the language barrier

2004/08/05(木)

2004年7月3日(土)

2004年7月3日(土)
講師: 宮川 繁氏(マサチューセッツ工科大学教授) 
演題: On the EPP

2004/07/03(土)

2004年3月27日(土) 4月3日(土) 4月10日(土)

2004年3月27日(土) 4月3日(土) 4月10日(土) 
講師  梶田 優 氏(上智大学名誉教授)
演題  動的文法理論の考え方 
3月27日(土)第1・2回 文法周辺部の動態 
4月 3日(土)第3・4回 文法中核部の動態 
4月10日(土)第5・6回 中核・周辺の統合へ

2004/03/27(土)

2004年2月28日(土)午前10時30分~

2004年2月28日(土)午前10時30分~ 
講師: スーザン・フィッシャー 氏(ロチェスター工科大学教授)
演題: Cross-Linguistic Studies of Sign Language: Emphasis on Asia

2004/02/28(土)

2004年2月28日(土)午後2時30分~

2004年2月28日(土)午後2時30分~
講師: 黒田 成幸 氏(カリフォルニア大学サンディエゴ校名誉教授)
演題: On the Syntax of Indeterminates in Japanese

2004/02/28(土)

2003年6月14日(土)

2003年6月14日(土)
講師: 佐野 哲也氏(明治学院大学)、杉崎 鉱司氏(三重大学)、大津 由紀雄氏(慶應義塾大学)
演題: 言語獲得理論の現状と今後の課題

2003/06/14(土)

2003年5月31日(土)

2003年5月31日(土)
講師: 上田 雅信 氏 (北海道大学)
演題: 生成文法の方法と統合問題

2003/05/31(土)

2003年3月5日(水)、3月6日(木)、3月7日(金) 

2003年3月5日(水)、3月6日(木)、3月7日(金) 
講師: 斎藤 衛 氏 (南山大学人文学部人類文化学科教授)
演題: 日英語比較統語論:非階層性仮説再考
      (*ミニマリスト統語論の基礎知識を前提とする内容)

2003/03/05(水)

2001年10月1日 <言語哲学講演会・三田哲学会と共催>

2001年10月1日 <言語哲学講演会・三田哲学会と共催>
講師: François Recanati 博士
     Institut Jean-Nicod (CNRS/EHESS) 
演題: Literal/nonliteral

2001/10/01(月)

2001年6月22日

2001年6月22日
講師:Kevin R. Gregg氏(桃山学院大学教授)
演題:Emergentism and SLA: What are the Prospects?

2001/06/22(金)

2001年4月17日・18日

2001年4月17日・18日
講師: Jacques Mehler氏(Psycholinguistics Laboratory, Paris)
     Marina Nesper氏(University of Ferrara, Italy) 
演題:Statistics and rules: their role in language learning

2001/04/17(火)

2000年7月1日

2000年7月1日
講師:豊島孝之氏(九州工業大学講師)
演題:Head-to-Spec Movement and Dynamic Economy

2000/07/01(土)

2000年5月13日

2000年5月13日
講師:浦 啓之 氏(関西学院大学助教授) 
演題:Towards Eliminating Constituent Structures

2000/05/13(土)

2000年3月3日

2000年3月3日
講師:Hagit Borer(University of Southern California) 
演題:The Grammar Machine

2000/03/03(金)

2000年2月22日

2000年2月22日 
講師:Peter Culicover(オハイオ州立大学教授)
演題:Experiments in Language Change: Linguistic Theory, Explanation and the Dynamics of Language

2000/02/22(火)

1999年12月18日

1999年12月18日
講 師 :上山 あゆみ 氏 (京都外国語大学助教授)
演 題 :ことばの連繋 ― 統語構造とその解釈

1999/12/18(土)

1999年7月7日

1999年7月7日
講師:Colin Phillips (デラウエア大学) 
演題:Grammar, Parsing and Resource Modularity

講師:Yosef Grodzinsky (テルアビブ大学、ボストン大学) 
演題:The Neurology of Syntax: a Comparative View

1999/07/07(水)

1999年6月5日

1999年6月5日
講師:宮川 繁 氏 (マサチューセッツ工科大学教授) 
演題:EPP, Scrambling, and Wh-in-situ

1999/06/05(土)

1999年3月4日

1999年3月4日
講師:Stephen Anderson(イェール大学教授)
演題:The Nature of Phonetic Representations

1999/03/04(木)

1999年1月19日

1999年1月19日
講師: Tom Roeper(マサチューセッツ大学) 
演題:言語獲得について

1999/01/19(火)

1998年11月10日

1998年11月10日
講 師:Janet Fodor (ニューヨーク市立大学教授) 
演 題:What Is a Parameter

1998/11/10(火)

1998年10月12日

1998年10月12日
講 師:Diane Blakemore 教授 (The University of Salford) 
演 題:The Distinction between Procedural and Conceptual Meaning

1998/10/12(月)

1998年8月10日

1998年8月10日
講師:相川 孝子 氏 (MIT助教授) 
演題:再帰代名詞「自分」の特性と日本語における様々な再帰性の実現形態

1998/08/10(月)

1998年7月30日

1998年7月30日
講師:Howard Lasnik (コネチカット大学教授) 
(1)演題:Chomsky's Naturalistic Approach to Language:The First Half Century and Beyond 
(2)演題:Further Consequences of Conflicting C-Command Relations

1998/07/30(木)

1998年3月30日

1998年3月30日
講師:MarthaYoung-Scholten(英国ダーラム大学教授)
演題:The syllable in L2 phonology

講師:Bonnie D. Schwartz(英国ダーラム大学教授) 
演題:Wanted:L2 acquisition data that don't play hide-and-seek with evolving syntactic theory

1998/03/30(月)

1998年2月13日

1998年2月13日
講師:黒田成幸氏 
演題:文形式、判断形式、命題形式

1998/02/13(金)